八戸の整体なら カラダ物語 夢美院 ほぐし  腱引き

プロフィール

 代表
古島尚子
Naoko Kojima
ほぐし療法士 
三段腱引き師
開脚トレーナー 

(カラダ物語)
 
私がまだ小学校に上がる前の話だ。
私の祖母は近所の人によくお灸をしてあげていた。
お客様が祖母に完全に身体を委ねている姿は、
幼い私には衝撃的で 泣き出してしまったのを今でも覚えている。
 
当時私は、よく扁桃腺を腫らし声が出なくなる子供だった。
祖母は子供用に小さくもぐさを千切り私にもよくお灸をしてくれた。
その時代、私の同級生には入院して扁桃腺を切る手術をする人が多くいた。
私が風邪もひかない元気な子だったのは祖母のお灸のお陰だったの かも知れない。
 
 
ある日、姉が死にそうなハムスターを連れてきた。
ぐったりしたハムスターはすでに虫の息だった。
祖母は綿に砂糖水を含ませてハムスターの口元に当て、
その後両手 でハムスターの身体を覆い温めた。
しばらくすると、ハムスターは「キー」と力の限りの声を放ち、
全 身全霊で身体を伸ばして力尽きて逝った。
 
 
祖母の手から温かい光が放たれハムスターが「ありがとう」と伝えて逝った。
 
そんな風に鮮明にその時の光景を思い出す。
 
 
祖母の手は厚くて温かくて大きな「魔法の手」だった。
 
そんな手がほしいと思った。
 
そんな手がほしくて動物看護師になった。
動物病院では沢山の犬猫を見た
人間と変わらない沢山の犬猫の身体 の構造や仕組みを覚えた。
その後専門学校にて多くの生徒にたくさんの看護の仕方を伝えていったが、
動物病院でも専門学校でも知識は増えたが「魔法の手」は 養えなかった。
 
 
その後、結婚、出産、離婚と人生の荒波を乗り越え、
祖母と同じ ように身体に携わる仕事に就いた。
 
 
人の身体に触れ手を当てていくと、
あの時の祖母の手「魔法の手」 に近づいている気がする。
 
 
初めは「ほぐし」から始まった。
今は、お客様の要望にも応えた いと「腱引き」も取り入れている。
あともう少し。
今もまだ、祖母の「魔法の手」をつかむまでには至 っていない。
 
(あとがき)
 
気持ちいい。楽しい。面白いと思うことをためらいがちな日本人ですが、
その気持ちは身体にも心にもとても大切なものであると思っています。
目をそむけず向き合い、
皆様が日々仕事に家事に育児に睡眠に生活に
力いっぱい励めるように常に寄り添っていきたいと思っています。
ほぐし又は腱引きで疲れをリセットし
今日を乗り切り
素敵な明日を元気に迎えましょう。

H 29.5.27 夢美院代表 古島尚子

■ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
ネット予約:  

ご予約、お問い合わせは24時間ネット予約にて随時受け付けています。
お問合せ.又は講座.コラボ.お仕事依頼はこちら:お問い合わせ
※当日のご予約はご希望の時間が取れないこともございます。★数日前のご予約がおすすめです★お問い合わせ


 




 


 


 


 

■新着情報

●当院について 

カラダ物語 夢美院

代表:古島尚子
Naoko Kojima 
ほぐし療法士 
腱引き師
足つぼ療法士
開脚トレーナー 
古島塾頭


〒031-0814
青森県八戸市妙字桶屋平9-10


【営業時間】
1部 10:00〜12:00
2部 14:00〜17:00
3部 19:00〜21:00
【定休日】 木曜、指定日

フェイスブックページ